若草台地区センター

横浜市民施設協会のマーク
公益社団法人 横浜市民施設協会ホーム公益社団法人 横浜市民施設協会からのお知らせ公益社団法人 横浜市民施設協会について各施設へのお問合せリンク

若草台地区センター
TEL:045-961-0811

若葉台地区センター

2018年 8月 1日 7月開催の自主事業の様子

<夏の和菓子レッスン>

今回の講座では昨年大好評でした南條先生に夏らしい和菓子の作り方を教えていただきました。

チャレンジしたのは夏の風物詩、朝顔の練りきりと見た目にも涼やかな抹茶の水羊羹とブルーベリー&サイダー羹。

みなさん、練り切りを成形するときなどは表情が真剣!でも色がついてだんだん朝顔になってくるととても楽しそうでした。和菓子作りと聞くとハードルが高そうに感じますが今日教えて頂いた材料や作り方のコツなどを習得すればおうちでもできそうです。

ぜひこの夏ご家族やお友達にも作って差し上げて下さい。きっと「きれい!美味しそう!」と褒めてもらえること間違いなしです。

   

 

<かんたん!素敵にデコパージュ>

今回の講座はサークル「花くらぶアイビー」の大川先生にお願いいたしました。先生は多才でいろいろな

手芸をされているのですが、今日はデコパージュという技巧を使って無地のティッシュボックスケースを

かわいらしく、美しく変身させる技を教えていただきました。

ペーパーを選んで、切って、貼って、乾かしてニスを塗って仕上げます。工程は意外に簡単なデコパージュ。

みなさんただの白い100円均一の箱が自分の気に入る美しいティッシュボックスに変わってとても嬉しそうでした。

「これから家中のいろいろなものを自分好みの素敵な柄にデコパージュしたいです」とはりきっている参加者さんも

いらっしゃいましたよ!

     

 

<JAL折り紙ヒコーキ教室>

JALの職員さんにご指導いただいて、30名超の子どもたちが体育館で折り紙ヒコーキ作りを楽しみました。

飛行機やパイロット募集のポスターが貼られた館内で自分の一機を折りあげていきます。

途中「飛行機はどうして飛ぶか知ってる?」などのお話も伺いました。

遠くに飛ばすコツも教えていただきながら、学年別に3回の練習を経てからの本番では15メートルを超える記録も出て、

歓声やガッツポーズが飛び出しました。

決勝も行い、上位の子には特大のものやいろんな形の折り紙ヒコーキがプレゼントされました。

暑い今夏、白い機体がふんわりと描く放物線を見ていると、空の旅に出かけたくなりました。

   

 

<サポーター企画>

当地区センターのサポーターさんが企画し、サポーターさんが講師として開催するサポーター企画のエコ工作、

今年も開催いたしました。今回は牛乳パックを使ってのかわいい小物入れ。牛乳パックを集めたり布を切って用意したり

全てサポーターさん主導で計画してきました。

当日は「ちゃんと教えられるかしら」「たくさん来てくれるかしら」と緊張気味に始まりましたが、約35名の方が参加してくださり大盛況でした!そしてサポーターさんがやさしく丁寧に教えて下さり、参加してくれたお子さんも自分で作った小物入れに

ニコニコ笑顔で大満足。

参加者のみなさま、サポーターのみなさま、今日は本当にありがとうございました!