山内地区センター

横浜市民施設協会のマーク
公益社団法人 横浜市民施設協会ホーム公益社団法人 横浜市民施設協会からのお知らせ公益社団法人 横浜市民施設協会について各施設へのお問合せリンク

山内地区センター
TEL:045-901-8010

山内地区センター

2020年 2月 12日 11月~1月の自主事業の様子

ヤマリンの部屋~お正月遊びを楽しもう!! 1月29日開催

ヤマリンの部屋は地域の皆様が気軽に集まり、大人も子どもも一緒に楽しめる場を提供したいという思いから、

大場・美しが丘・たまプラーザの3つの地域ケアプラザと山内地区センターが共同で開催しています。

今回のテーマはお正月遊び。地域の大人と子ども達が一緒になって懐かしい遊びを楽しみました。

次回は3月、お抹茶とぬり絵を楽しんでいただけます。

 

 

ぴんしゃんウォーキング~100歳まで自分の足で歩く喜びを~  1月21日開催

「ピン」とした姿勢で「シャン」とした気持ちになる。大好評のデューク更家式ウォーキングの講座です。寒い冬にたくさん外を歩けなくても、正しい姿勢を意識して歩きの「質」を高めれば大丈夫。今回習った基本の姿勢を家でも実践し続ける事が出来るように、講座終了後も熱心に先生に確認されている参加者がたくさんいらっしゃいました。

 

 

 

豊かなセカンドライフを実現するには…40~50歳代からのお金の準備をしましょう! 1月15日開催

あおばFPくらしの会のファイナンシャルプランナーの先生が、安心で豊かな老後のために早いうちから準備してくべき事をお話してくださいました。現役でお仕事をされている40代、50代の方々が参加してくださり、熱心にメモを取りながら聞いていらっしゃいました。

 

 

クリスマス・ジャズコンサート 12月19日開催

恒例となりましたクリスマス・ジャズコンサート、今年は100名を超えるご応募をいただきました。3回目となった今年はジャズのルーツとなった音楽のお話があったり、会場からのリクエストを受けてアレンジをその場で決定するなど、会場と一体となったコンサートとなりました。

 

 

プロから教わる介護のいろは~基本介護技術をマスターしよう<食事・口腔ケア編> 12月7日開催

ボンセジュール荏田の介護士さんによる介護技術の講座です。今回は口腔ケアの大切さと、ケアの方法、食事介助のポイントなどを詳しく教えていただきました。介護講座は連続して参加してくださる方も多く、ご自身の体験やお悩みを相談できる交流の場となっています。

 

 

腸内フローラのお話 12月10日開催

全身の免疫力をコントロールすると言われる腸。その腸を活性化する食事、運動療法を理学療法士の方がレクチャーして

くださいました。

 

 

ノルデッィクウォーキングをはじめよう! 12月7日・14日開催

少ない負荷で高い効果を上げる事ができると人気のノルデッィクウォーキング。少し健康に不安のある方や高血圧などの持病をお持ちの方も、専門のインストラクターの指導のもとご自身のペースでウォーキングを楽しみました。初めて体験された方は、これを機会にぜひウォーキングを続けていきたい、とおっしゃっていました。

 

 

青葉おはなしフェスティバル 11月30日開催

今年で20周年を迎えた「青葉おはなしフェスティバル」。小さい頃に参加してくれた方が親となってお子様を連れてきてくれたり、9年連続で来てくれたお子様もいらっしゃいました。エンディングの手話ソング「世界中の子どもたちが」は例年にもまして感動した、というお声もたくさんいただきました。また25周年、30周年に向けて、スタッフ一同がんばります。

 

 

相続税・贈与税のしくみを知って、「幸せ」減らさない相続! 11月27日開催

あおばFPくらしの会のファイナンシャルプランナーの先生に、「相続」についてのお話を伺いました。相続が発生してからの手続きの流れや、起こり得る問題の例、誰に相談すれば良いのか、などを詳しく教えていただきました。

 

 

英語でヨガ 11月10日開催

青葉国際交流ラウンジの人気米国人講師による「英語でヨガ」は今年で3回目の開催となりました。毎年大人気のこの講座、

今年も女性限定のゆったりした空気の中で、英語もヨガも自分のペースで楽しむ事ができました。

 

日本語スピーチ大会 11月10日開催

日本在住の外国人による日本語でのスピーチ大会。外国人の目から見た日本、母国との違い、アニメのお話など、様々なテーマでとても上手に日本語でのスピーチをしてくれました。

 

プロから教わる介護の「いろは」~基本介護技術をマスターしよう(更衣編) 11月5日開催

ボンセジュール荏田の介護士の方から詳しくお話を聞くことができるこの講座。今回は更衣介助についてでした。シリーズを通して参加して下さる方も増え、ご自身の状況に合った介護技術を一生懸命質問されていました。