山内地区センター

横浜市民施設協会のマーク
公益社団法人 横浜市民施設協会ホーム公益社団法人 横浜市民施設協会からのお知らせ公益社団法人 横浜市民施設協会について各施設へのお問合せリンク

山内地区センター
TEL:045-901-8010

山内地区センター

2019年 8月 28日 8月開催わんぱくホリデーの様子

横浜サイエンスフロンティア高校天文部共催「夏休み天文教室」(8月2日開催)

鶴見区にある、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校へ出かけ、
同校天文部のみなさんのご協力のもと、開催された講座です。
美しが丘西地区センターでの参加のみなさんと2班に分かれ、
3D宇宙体験(Mitaka)・プラネタリウムの上映・天体観測といった、
盛りだくさんのプログラムを体験しました。
この日はとても運が良く、天気や大気の状態等、色々な条件がそろい、
天体ドーム内の天体望遠鏡では、木星と土星をきれいに観ることができました。
土星に至ってはカッシーニの間隙までくっきりと観え、
参加者のみなさんはもちろんのこと、天文部のみなさんも興奮気味だったのが印象的でした。
たくさんのプログラムを用意して、進行してくださった、天文部のみなさんに、
心から感謝します。

  

  

 

「フィリアホールで手作り太鼓を演奏しよう♪」(8月4日・6日開催)

4つの地域ケアプラザ・2つの地区センターが参加して、開催されました。
1日めは、各施設で楽器を手作りし、2日めは、青葉区民文化センターフィリアホールの
ステージに立って、1日めに作ったMy楽器を演奏するという講座です。
山内地区センターでは、昨年に引き続き、con brio (コンブリオ)のみなさんのご指導のもと、
風船を使った太鼓を作りました。
胴部分を好きなようにデザインしましたが、どれもこれも個性があふれて、すてきな太鼓になりました。
フィリアホールでは、富田真以子さん&戸崎可梨さんのミニコンサートを楽しんだ後、
“となりのトトロ”でおなじみの「さんぽ」をみんなで演奏しました。
普段なかなか立つことの出来ないステージに立ち、みんな嬉しそうに笑顔いっぱいのひと時でした。

   

   

 

「夏休み将棋教室」(8月13日~15日開催)

毎年大人気の将棋教室を、今年も三日間にわたり開催しました。
募集人数をはるかに上回るご応募をいただきましたので、
今回当選されたみなさんは、本当に幸運の持ち主だと思います。
一日め・二日めで駒の進み方や詰め将棋を学び、今年は対局もたっぷりと行えました。
最終日には、実力に応じたグループ分けをして、トーナメント戦を行い、
それぞれの王者も決定!
最後に、三日間の成績を総合して、先生から棋力認定書をいただきました。
みなさん、満足そうに認定書を手にしていましたよ。
三日間、本当によく頑張りました。

   

   

 

どうする?わが家の防災シリーズ第1弾「親子で防災について考えよう!」(8月18日開催)

本年度、山内地区センターがシリーズで開催する防災講座の第1弾として、
小学生とそのご家族向けに開催しました。
自分が住んでいる場所の近くには、どういう川が流れていて、氾濫の危険があるのか、
というところから始まり、震災に備え、どのように食料をストックしておくべきか等、
現実に即したとても為になるお話しが伺えました。
また、地震が起きた瞬間の“自助”の大切さを、実際に身体を守る体勢をとりながら
学ぶこともできました。
ぜひ、たくさんの方に参加していただきたい講座です。
次回開催の講座についてはこちらをご覧ください。
赤ちゃんがいるご家庭の方も、ぜひどうぞ。